葵と茜のPC自作講座#Extra6 超小型PC組立 の補足

https://www.nicovideo.jp/watch/sm34195803

こいつの補足事項

Athlon 200GEを搭載した場合、様々な制限事項が発生する。

詳細は各マザーメーカーの該当マザーページに記載されているが、おおよそ以下の通り。
・画面出力が制限される。(だいたいはHDMIもしくはDVIが1つ使用出来なくなる。)
・PCI Expressスロットの速度がx4に制限される
・(これはあまり書かれてないかも)M.2 SSDの速度が最高でx2に落ちる(要は半減する)

正直、かなりの制限事項になる。
そこそこ動いてくれればいい、だけなら問題はないのだが、ヘビーユーズはまず無理だろう。
まあ所詮は廉価版CPUである。大きな期待はするなといったところなのだろう。

画面出力制限は、おそらくCPUで持っているハードウェアクロックが1つしかないからと予測している。
VGAからHDMIまでの世代はこのハードウェアクロックと同期する必要がある。
その為、1つしかないAthlonでは画面出力が制限されるのだろう、という考え。

じゃあマルチモニターが出来ないかというと、そうではない。
DisplayPortが搭載されている場合は、そちらから出力できるので
HDMIとDPを使った2画面なら標準で対応できる。

ただ、DPは問題が多すぎる(PnP機器の為モニター電源を落とすと解像度が落ちるとか、下手な変換ケーブル使うとスリープ復帰でモニターがこけてBSoDするとか)ので
何も気にせず使いたいという人にはあんまりおすすめはしない。

あとはメモリの周波数制限が存在する。
(これはほぼ確実に書かれてない)

使用したメモリはDDR4-3200で、BIOS設定でもDDR4-3200(というかこれしか設定出来ない。ほんとなんとかしてほしい)なのだが
実際起動後にCPU-Zで見るとDDR4-2666になっている。
ちょうど以下の画像のような感じになる。

何をどう設定してもこれ以上は上がらない。
元々Ryzen3 2200Gを搭載していたのでDDR4-3200にしたのだが、結構損した気分である。

様々な制限があるせいで、時折動作がとてももたつくことがある。
Athlonを使いたい人はぜひ注意してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です