どっちが正解?

2018年12月号のコメントで気になったやつ

背景のESXiの画像が6.0から6.5にアップデートされているのは皆さん気づいたことでしょう。

ただ、比較を出した時にとあることに気づいた人がいます。

「頭のx16の有無もAMDの気まぐれ?」と。

どういうことか今一度画像を出して見てみましょう。

旧背景はこちら

新背景はこちら

よく見ると旧背景のCPU欄は「16 x AMD Ryzen …」となっています。

対して新背景側は「AMD Ryzen ….」ですね。

これ、実際はどちらが正解なのでしょう。

実はこれ、新背景側が正解です。

実際にESXiをインストールすると、後者側の記述になります。

このCPU表示欄は、物理ソケット数が数字として出てきます。

ですからたとえばEPYC 7601 x 2で構成したとすると

「2 x AMD EPYC 7601…」となります。

旧背景はWindows 10上で動作させたVMware WorkstationにESXiをインストールして動作させた「ネスト構成」でのスクリーンショットです。

16コア割り当てていて、それぞれが1ソケットと判別されたがゆえに「16 x 」と表示されていました。

ESXiの実機を見て、ソケット数の違いに気づいたので新背景で修正したのです。

というわけで、正解は「新背景側の表示」です。

結構皆さん細かい所に気が付きますねえ。

最近そんな気付きに驚かされることがちょいちょいあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です